産業廃棄物処理、汚泥・混合廃棄物、解体工事のことなら関西クリアセンターへ

産業廃棄物処理業事業案内

業界屈指の処理能力で
多様化する様々な廃棄物を処理

堺本社工場SAKAI

堺本社工場 SAKAI堺本社工場 SAKAI
取扱品目
汚泥 燃え殻 ばいじん
  • 最大処理能力は1,520m²/日
    安全に適正に処理

    年々多様化傾向にある廃棄物。処理できる中間業者に求められるものは、処理スピード・適正な処理・環境や周辺の配慮です。私たち関西クリアセンターは、長年産業廃棄物の中でも汚泥を専門に取り扱ってきました。そのノウハウと経験は長い年月の積み重ねにより、より確実なものへと変化していきました。ただ処理能力が高いというだけではいけません。日々めまぐるしく変化していくことが大切です。機械の能力が上がっただけで、それらを扱う人間の能力が低ければ充分に機械の能力を発揮できません。しかし、おかげさまで私たちはこの長い歴史のなかで、エキスパートと呼べるスタッフを多く育ててくることができました。このスタッフたちこそが当社の本当の宝であります。このスタッフたちがいるからこそ、この国内でも屈指の処理能力1,520m³ /日という機械の性能を存分に発揮していけるのだと考えております。

  • セメント原燃料化

    通常のセメントの原料には石灰石や鉄、ケイ石、粘土類、石こうなどが使用されます。燃え殻、汚泥、ばいじんの成分が、このうちの粘土類と似ているところから、粘土のかわりに石灰やケイ石などと焼却融合させて、セメント原料となる鉱物を生成し、仕上げ粉砕等の工程をへてセメントとして生成されます。

  • 処理工程

    処理工程
    処理工程

泉州プラントSENSYU

泉州プラント SENSYU泉州プラント SENSYU
取扱品目
廃プラスチック類 紙くず 木くず 繊維くず
ゴムくず 金属くず ばいじん がれき類
燃え殻 汚泥 鉱さい ばいじん
  • 処理能力は約1,000m²/日
    混合廃棄物のリサイクル処理

    約1,000m²/日を受け入れ可能な選別・破砕施設を完備し、建設混合廃棄物や埋設物の掘り起こしなどの廃棄物の処理が可能。異物混入にも対応し徹底した選別で、再資源化を推進致します。

  • 処理困難物の受け入れが可能

    SSI破砕機の導入によりロール物、フレコン、ロープ、漁網、タイヤ、防舷材、スプリング入りマットレスなどの処理困難物の受け入れが可能です。

  • 処理工程

    処理工程
    処理工程
  • 泉州プラント紹介動画

よくあるご質問FAQ

Q廃棄物をすぐにでも処理したいのですが。
A産業廃棄物の処理を委託委託するには、委託契約書の締結をしなければなりません。また、安全・確実に処理をするために廃棄物の事前確認やサンプル分析などが必要となります。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
Q廃棄物をリサイクル処理したいのですが?
A対象の廃棄物の発生工程、サンプル、分析値などの情報を確認させていただいた上でご要望に最大限ご対応致します。
Q火災で発生した燃え殻等は受けれますか?
A火災により発生した廃棄物は事業活動から出たものでは無いので通常は一般廃棄物として取り扱いますが、各自治体の見解により自治体での処理が出来ない場合に産業廃棄物処理業者に委託する場合があります。まず火災現場の管轄の自治体に相談をして頂き、産業廃棄物処理業者での処理となれば弊社にご相談いただきましたら最大限ご対応致します。
Q油まじりの汚泥の処理はできますか?
A油分をおおむね五パーセント以上含む泥状物は汚泥と廃油の混合物になりますが、それ未満でしたら汚泥として弊社で処理可能です。また混合物の場合でも協力会社での処理のご提案など最適な方法となるようご対応致します。
Q電子マニフェスト、イーリバースは対応していますか?
A収集運搬、処分ともに対応可能です。
Q電子契約書には対応していますか?
A対応可能です。
Q工場の見学は可能ですか?
A工場見学に対応しています。安全管理の面から見学は事前予約制としております。
ご希望の際は営業部または営業担当者までお申し付け下さい。

産業廃棄物処理・汚染土壌調査・非鉄金属リサイクル・建設解体業のことなら
関西クリアセンターへ

営業担当者にオンラインお問い合わせ
平日 8:00~17:00
営業担当者にオンラインお問い合わせ
平日 8:00~17:00